ここから本文です

超豪華キャストが個性派スパイに! 大ヒット『キングスマン』続編、日本公開決定&場面写真公開

5/18(木) 7:00配信

ぴあ映画生活

全世界4億ドル超の大ヒット映画『キングスマン』の続編が、『キングスマン:ゴールデン・サークル』として日本で公開されることが決定。新たな豪華キャストを含む場面写真も到着した。

『キングスマン:ゴールデン・サークル』フォトギャラリー

『キングスマン』は、『キック・アス』や『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』など数々のヒット作を手がけてきたマシュー・ヴォーン監督によるノンストップ・スパイアクション。

表向きは、ロンドンの高級テーラーだが、その実態はどの国にも属さない世界最強のスパイ機関“キングスマン”。スマートなスーツに身を包み、ギミック満載のユニークなスパイ道具と、華麗なアクションが痛快な『キングスマン』は、世界で4億ドルを超えるメガヒットを記録した。

その続編となる『キングスマン:ゴールデン・サークル』では、謎の敵ゴールデン・サークルの攻撃によって、“キングスマン”の拠点が壊滅状態に。残されたのは、前作で街のチンピラだったところをスカウトされ、一流のエージェントに成長したエグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみだった。

ふたりは、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン“に協力を求めるため、アメリカへ。バーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級バーボンを提供する店舗という表の顔を持つ“ステイツマン”。英国紳士をモットーとする“キングスマン”とはまた違った、コテコテのアメリカンチームだった。文化の違いを乗り越えて、“キングスマン”と“ステイツマン”は、ゴールデン・サークルの陰謀を阻止できるのか。また、前作で死んだと思われたコリン・ファース演じるもうひとりの主人公ハリーが、復活を果たすことも大きな話題になっている。

タロン・エガートン、マーク・ストロングなど前作からのレギュラーメンバーに加えて、“ステイツマン”のメンバーにチャニング・テイタム、ジェフ・ブリッジス、ハル・ベリー、謎の組織ゴールデン・サークルのボスにジュリアン・ムーアが参戦。そして、まだ役柄が発表されていないが、エルトン・ジョンも名を連ねる。

今回、そんな豪華なキャスト陣による場面写真も一部公開された。すっかり“キングスマン”の一流エージェントとして成長し、スーツやオレンジのタキシードを着こなすエグジー(タロン・エガートン)。そして、カウボーイハット&Gジャンというアメリカントラディショナルなスタイルのテキーラ(チャニング・テイタム)、無骨な風貌が印象的なリーダーのシャンパン(ジェフ・ブリッジス)、そしてメカニック担当のジンジャー(ハル・ベリー)など、お酒にまつわるコードネームを持つ“ステイツマン”のメンバーの姿も垣間見ることができる。

『キングスマン:ゴールデン・サークル』
公開時期未定

最終更新:5/18(木) 7:00
ぴあ映画生活