ここから本文です

西武・源田12球団最速の10盗塁 果敢な三盗で逆転劇、5連勝呼んだ 5月打率・358

5/18(木) 6:30配信

西日本スポーツ

 果敢な走塁で勝機を切り開いた。3点差を追いついた3回、ルーキー源田の快足が流れを変えた。1死一、二塁からプロ入り初の三盗に成功。スタンリッジを揺さぶり、栗山の同点打につなげた。「コーチから『行けるぞ』という指示もあったので」。12球団最速の2桁となる今季10盗塁から逆転勝利、そして今季初の5連勝を呼び込んだ。

【写真】西武が限定ユニホーム 赤を基調の「炎獅子」

 1点を返した直後の1死から死球で出塁すると、浅村の中前打で二進。続く中村への3球目で迷わずスタートした。球団の新人の2桁盗塁は2013年の金子侑以来。三塁ベースコーチでもある馬場内野守備走塁コーチも「打者が中村で100%以上の確率が求められる場面。勇気を持ってよく走った」とたたえた。

 今季、球団の新人では1981年の石毛宏典以来となる遊撃での開幕スタメン出場を果たした。石毛は1年目に25盗塁を記録。偉大な先輩を上回りそうなペースに「開幕当初より思い切って走れるようになってきた。常に次の塁を狙う姿勢で、少しずつ増やしていければ」と手応えを深めた。

 チームは先発全員安打で今季最多タイの17安打を記録した。源田も2安打で8試合連続安打とし、5月の月間打率は3割5分8厘を誇る。謙虚な姿勢を除けば、新人とは思えない貫禄のプレーが続く。走攻守の躍動感は、好調なチームの中でもひときわ輝いている。

西日本スポーツ

最終更新:5/18(木) 6:30
西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 11:10