ここから本文です

ティリアク曰く「WTAはナスターゼに謝罪するべきだ」 [海外テニス]

5/18(木) 9:00配信

THE TENNIS DAILY

 マドリッド・オープンの運営者で、かつてボリス・ベッカー(ドイツ)のマネージャーとして有名だった元テニス選手のイオン・ティリアク(ルーマニア)は、彼の友人であるイリー・ナスターゼ(ルーマニア)が大会の表彰式に出席していたことについて、「無責任であり、受け入れがたい」と言ったWTAに対して、ナスターゼに謝罪すべきだ、と言う。

元世界1位のイリー・ナスターゼに全仏オープンへの参加禁止命令

 WTA責任者のスティーブ・サイモンに向けた公開文の中で、ティリアクは、ナスターゼの存在を「無責任で、受け入れ難い」と言ったことについて、サイモンは謝るべきだと言った。

 ナスターゼ同様、ルーマニア人のプレーヤーであるシモナ・ハレプが土曜日に優勝を遂げたことで、ナスターゼは表彰式に出席し、彼女の隣りで写真を撮った。

 70歳のナスターゼは、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)の妊娠に際し、まだ生まれていない子供の肌の色についてのコメントと、フェドカップ・ワールドグループ・プレーオフ2部「ルーマニア対イギリス」の対戦中に叫んだ暴言のため、国際テニス連盟(ITF)によって暫定的な活動停止処分を言い渡されていた。

 ティリアクは、ナスターゼは「清く、華やかな性格の持ち主」であり、50年もの間、テニスに身を捧げた人物なのだ、と言っている。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: PARIS, FRANCE - JUNE 08: Former tennis player and world number one Boris Becker (R) talks with his former manager Ion Tiriac during the men's singles semi final match between Novak Djokovic of Serbia and Roger Federer of Switzerland during day 13 of the French Open at Roland Garros on June 8, 2012 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:5/18(木) 9:00
THE TENNIS DAILY