ここから本文です

Amazonから新型タブレット「Fire 7」「Fire HD 8」が登場。これからは7、8、10でお願いします

5/18(木) 20:10配信

ギズモード・ジャパン

新型になっても8,980円から。

Amazonは、Fireタブレットシリーズのアップデートモデル「Amazon Fire 7」「Amazon Fire HD 8」を発表しました。Fire、Fire HD 8の後継になる2つの新型は、前モデルから価格は据え置きで機能がアップデートされました。6月7日発売で、本日より予約スタートです。

Fireタブレットといえば一時は、Fire HD 6やらFire HDX 8.9やらとラインナップ過多な時期がありましたけれど、今日からラインナップは新型のFire 7、Fire HD 8と、既存のFire HD 10の3つで再スタートします。小さい順に 7、8、10!です。よろしくお願いします。

1mm薄くなったFire 7

7インチディスプレイの「Amazon Fire 7」は、2015年発売の「Amazon Fire」(無印)のアップデートモデル。ディスプレイサイズにあわせて「7」がつきました。カラーは前モデルと同様ブラックのみで、ストレージは8GB/16GBの2種類。価格は8GBモデルが8,980円、16GBモデルが10,980円となっています。

本体デザインに大きな変更はありませんが、アップデート点は厚みが1mm薄くなったこと。そして薄くなりつつも、バッテリーの持続時間がFireの7時間から、8時間に進化しました。また外部ストレージとして使えるmicroSDカードが200GBから256GBに対応しましたよ。

200GBのmicroSDなんてそんなに売ってないわい、と渋々128GBのmicroSDを使っていた方にはビッグニュースですね。もっと容量を気にせず、プライムビデオやマンガをダウンロードできます。

またディスプレイのピクセル形状が長方形から正方形になり、より綺麗に出力できるようになったとのこと。しかし前モデルのFireとFire 7を並べても、肉眼ではわからない程度の進化で、正方形のピクセルによって劇的にディスプレイが綺麗になるわけではありません。プロセッサは1.3GHzのクアッドコアのままです。

1/2ページ