ここから本文です

福島市課長セクハラ 部下女性の手触る、停職2カ月の懲戒処分

福島民友新聞 5/18(木) 10:39配信

 福島市は17日、部下の女性職員にセクハラ行為をしたとして、男性課長(60)を同日付で停職2カ月の懲戒処分にしたと発表した。
 市によると男性課長は昨年4月~今年4月、女性職員にほぼ毎日のように菓子を手渡し、不必要に相手の手に触れた。また忘年会など職場の飲み会で複数回にわたって自分の隣の席に座らせたほか、女性に対し「年上は何歳ぐらいまで付き合えるのか」と発言した。女性が隣に座らないと、にらみ付けて威圧することもあったという。
 このほか、女性の意に反して複数回にわたり、「送っていくよ」と帰宅の際に女性を車に同乗させ、買い物に付き合わせたこともあった。こうした一連の行為により、女性に強い精神的苦痛を与えた。
 今月1日、女性が同僚と人事課を訪れ事情を話したことから発覚。男性課長は「女性が一生懸命仕事をしていたので応援したい気持ちがあった。深く反省している」と話しているという。

福島民友新聞

最終更新:5/18(木) 10:39

福島民友新聞