ここから本文です

【インディ500】強風での走行を体験したアロンソ「どんなコンディションでも良い練習になる」

5/18(木) 12:05配信

motorsport.com 日本版

 マクラーレン・ホンダ・アンドレッティのドライバーとして今季のインディ500に参戦するフェルナンド・アロンソ。そのアロンソは3日目のフリープラクティスに臨み、39周を走行して4番手となった。

【写真】なぜか”スケートボード”に乗ってピットレーンを滑走するアロンソ。楽しんでいるようだ

「すごくトリッキーだった」

 この日のインディアナポリスは、強風に見舞われた。そのコンディション下でオーバルコースを走ったアロンソは、そう語った。

「今日のコンディションは役に立たない。だから、ほとんどのドライバーはあまり走らなかった。でも、僕にとってはどんなコンディションもいい練習になる」

「今日は、強風の中でどうドライブすればいいかを学ぶ日だった。そして、コーナーごとにマシンをセットアップする方法もね」

「すべてが予定通りに進んだ。チームは僕の走行を、エンジンチューニングの面でも役立てた。だから、生産的な1日だったと思う」

ピットストップも練習

 アロンソはこの日、ピットストップの練習もこなした。この日のピットはプラクティス用だったため、レースとは異なる。しかしアロンソはこれも、自らが学んでいく上で良いステップだったと考えている。

「僕は今日、何度かピットストップの練習をした。それは僕だけでなく、スタッフのためのものでもあった」

 そうアロンソは語った。

「彼らの方でも幾つかのことを学んだだろうし、僕の側でもそうだ。どうやってファストレーンに合流すればいいのか、あるいは遅いレーンに出ればいいのか……今日はプラクティスだったから問題ないけど、レースの日には33台のマシンがピットにいる。すごい交通量になるんだからね」

ファンの熱狂

 アロンソは、周囲からの関心が高まっているにもかかわらず、インディアナポリスで経験できることを楽しんでいると語る。

「楽しいよ、間違いなく!」

 そうアロンソは言う。

「ここでは、ファンからのたくさんの応援も受けることができるんだ。彼らは、ここでは僕らにとても近いところまで来れるんだ。ピットレーンや、ガレージなどにね」

「僕がどこに行っても、彼らは僕についてきてくれる。他のドライバーは、それを利用していると思うよ。彼らは僕が行ってしまうのを待ってから、問題なく移動しているんだ」

「仕方ないよ。僕はここでは新入りだからね。最初はサインだって必要だろう。でも、明日2回目のサインをする必要がないといいね」

Edd Straw