ここから本文です

テクニックはアザールとどちらが上!? ミニョレもリヴァプールのエース絶賛「非常に重要な選手」

5/18(木) 11:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

今やプレミアを代表するテクニシャン

現在のプレミアリーグにはバルセロナやレアル・マドリードでプレイできる選手はほとんどいないと言われているが、チェルシーMFエデン・アザールのような例外もある。アザールはレアルからの関心が伝えられており、その能力は非常に高く評価されている。

ランパード氏が選ぶ現在と過去の”チェルシー混合ベスト11″

そのアザールと並ぶ存在として、リヴァプールGKシモン・ミニョレはチームメイトのフィリペ・コウチーニョを称賛している。コウチーニョもバルセロナからの関心が伝えられている選手で、テクニックのレベルは非常に高い。ドリブルの質、シュート精度など、アザールと比較しても劣っていないはずだ。

英『Liverpool Echo』によると、ミニョレはコウチーニョについて「プレミアリーグではゲームを動かすためにクリエイティブな選手が必要なんだ。チェルシーならアザールだね。マンチェスター・シティにはスターリング、シルバ、デ・ブライネがそうだ。コウチーニョは良いやつだし、ハードワークしている。僕たちにとって重要な選手なんだ。彼が契約を延長したのは非常にポジティブなことだし、僕たちは彼に長い間リヴァプールに残ってほしいと願っているよ」とコメントしており、プレミアを代表するアタッカーの名前を挙げてコウチーニョを称賛している。

今やコウチーニョはアザールと並んでプレミアリーグトップクラスの能力を持つ選手となり、恐らくバルセロナでも違いを作り出せるだろう。タイプは違うが、アンドレス・イニエスタの代わりを任せられるはずだ。リヴァプールとしては今後数年にわたって残ってほしいところだが、プレミアを代表するテクニシャンは今夏に動くか。

http://www.theworldmagazine.jp/