ここから本文です

【社会人意識調査】あなたの中で「仕事」は何番目ですか?

5/18(木) 12:30配信

TOKYO FM+

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。5月17日の「社会人意識調査」のテーマは「あなたの中で『仕事』は何番目ですか?」。はたして、その結果は……?

Q.あなたの中で仕事は何番目ですか?

1番目   21.1%
2番目   38.8%
3番目   26.6%
4番目以下 13.5%
(回答数:394票)

◆「1番目」派の意見
「仕事は何番目かと聞かれたら、1番目って答えちゃいます。仕事はほかの大切なものを守るためのものですが、たとえば同じ日時に同時に、仕事・恋人・友人・親・趣味のアポイントが入ったとしたら、仕事のアポを受けると思うんですよね。恋人や友人と約束をしていても、『仕事で遅れる~』と連絡があれば、仕方ない、頑張ってこい!と思えます」
(神奈川県 28歳 女性 会社員)

「仕事が今のところ一番です。私は今年の春、紆余曲折ありながらも国家試験に合格し、歯科医師となりました。4月から研修医として働き始めました。毎日、患者さんのことを考えたり、技術的な確認をしたりと日々勉強に追われ、帰宅時間は深夜近くなっており、仕事以外のことを考えられない状況です。苦労してなることができた歯医者として、患者さんに満足していただけるような治療ができるようになるまでは……応援してくれた家族や恋人、友人たちに感謝をし、日々勉強と思って仕事第一で頑張ろうと思います」
(東京都 30歳 女性 歯科研修医)

◆「2番目」派の意見
「仕事は2番目ですね。1番目に仕事を持っていくのは悪いことではありませんが、身がもたないと思います。一番は大切な人といる時間です」
(神奈川県 26歳 男性 会社員)

「私にとって仕事は、去年2番目になりました。変わった理由は、結婚です。結婚するまでは、絶対仕事第一!の仕事大好き人間だったのが、今、一番大事なのは家族になりました。人って変わるもんなんだなぁと実感しましたねー」
(福島県 31歳 女性 会社員)

◆「3番目」派の意見
「まだ、入社3年目ですが、仕事は一番ではないです(笑)。毎日、土日までのカウントダウンをしながら働いています。たまに、まだ若いのにこんな自分で大丈夫なのかなーと心配になってしまいます。人生=仕事の人を見て、羨ましくも感じますし、そんな人生は寂しいなとも思います。ただ正解はないと思います! これからも、仕事は3番ぐらいで頑張ります」
(東京都 24歳 男性 会社員)

◆「4番目以下」派の意見
「以前、参加した会社説明会での、なぜ仕事をするのかという質問に、自由をつかむために仕事(苦労)をするんだと社長さんがおっしゃってました。なるほど、と思いました。休日のために仕事をする。遊びのために仕事をする。お金のため、家族のため……そう考えたら、仕事は最下位でいいのかなと思うようになりました。それは仕事をおろそかにするのではなく、好きなことを至福の時にするために仕事をするのかなと思ってます。まだ社会に出てませんが、そうやって仕事に取り組みたいです」
(千葉県 21歳 男性 学生)

番組リスナーの投票による結果は「2番目」が38.8%と最も高く、次いで「3番目」が26.6%、「1番目」が21.1%で、「4番目以下」は13.5%となりました。仕事が一番という人は全体の約2割と少なめで、仕事を2番目と考えている人がその倍近くの約4割でした。ちなみに、仕事が2番目という人の1番目は「家族」という意見が多く見受けられました。

【女性は「仕事が一番」が最も少ない】
男女別では、「1番目」と答えた人の割合は男性が26.3%、女性が12.6%と、女性よりも男性のほうが仕事に重きを置いていることがわかります。女性だけの割合で細かく見てみると、「2番目」と答えた女性の割合は45.7%と圧倒的に高く、次いで「3番目」が25.2%、「4番目以下」が16.6%で、「1番目」は12.6%と4つの項目の中で最も少ない割合でした。

(TOKYO FM「Skyrocket Company」2017年5月17日放送より)

最終更新:5/18(木) 12:30
TOKYO FM+