ここから本文です

ホンダのFCV「クラリティ フューエル セル」がタクシー運用を開始

オートックワン 5/18(木) 16:00配信

ホンダは、燃料電池自動車(FCV)の将来の用途拡大に向け、「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」のタクシー運用を2017年6月末をめどに開始することを発表した。

>>クラリティ フューエル セルを写真で見る(※写真はタクシー仕様ではない)

この運用に協力するのは、帝都自動車交通株式会社(東京都中央区)、株式会社仙台タクシー(宮城県仙台市)、大宮自動車有限会社(埼玉県さいたま市)、日野交通株式会社(神奈川県横浜市)の4社。

クラリティ フューエル セルは、一充填走行距離が約750km(※1)、一回あたりの水素充填時間は3分程度(※2)といったガソリン車と変わらない使い勝手や、セダンタイプのFCVとして初めて5人乗りを実現した居住性、電動車ならではの静かで力強くなめらかなドライブフィールが特徴。

FCVの本格普及に向け、このタクシー運用を通じて得られた走行データなどのさまざまな情報をフィードバックし、FCVのさらなる性能進化に向けた研究開発に取り組んでいく。

※1 JC08モード走行パターンによるホンダ測定値。SAE規格(J2601)の標準条件(外気温20度、高圧水素タンク内の圧力10MPaからの充填)に基づいた水素充填圧70MPaステーションでの充填作業におけるホンダ測定値であり、仕様の異なる水素ステーションで充填した場合は、水素タンク内に充填される水素量が異なるため、走行距離も異なる。走行距離は使用環境(気象、渋滞など)や運転方法(急発進、エアコン使用など)に応じて大きく異なる

※2 SAE規格(J2601)の標準条件(外気温20度、高圧水素タンク内の圧力10MPaからの充填)に基づいた水素充填圧70MPaステーションでの充填作業におけるホンダ測定値。水素充填圧および外気温により、充填時間は異なる

最終更新:5/18(木) 16:00

オートックワン