ここから本文です

セルタ×レアルで二つの大誤審? 元リーガ主審の見解は......

theWORLD(ザ・ワールド) 5/18(木) 13:30配信

10人での戦いを強いられたセルタ

17日にリーガ・エスパニョーラ第21節(延期分)が行われ、セルタがレアル・マドリード(以下レアル)に1-4で敗れた。

【動画】セルタ×レアルで疑惑の判定


同試合を裁いたマルティネス・マヌエラ主審が下した二つのジャッジが物議を醸している。まず問題となったのは38分。敵陣ペナルティエリア付近でイアゴ・アスパス(セルタ)がボールを浮かせ、そのボールがラファエル・ヴァラン(レアル)の体に当たる。アスパスはヴァランがハンドの反則を犯したと主張したが、マヌエラ主審は抗議を退け、執拗に抗議したアスパスにイエローカードを提示した。

続いて問題となったのは62分。敵陣ペナルティエリア内でアスパスがセルヒオ・ラモス(レアル)と接触し、転倒する。セルタにPKが与えられるかと思われたが、マヌエラ主審はアスパスがダイブ(主審を欺くために故意に倒れること)を試みたと判断し、同選手にこの試合2枚目のイエローカードを提示。セルタは10人での戦いを強いられた。

かつてリーガ・エスパニョーラで主審を務めたアンドゥハル・オリベル氏はスペイン紙『MARCA』を通じ、前述の二つの場面に関する自身の見解を述べている。

「ヴァランは自分の手にボールが当たらないよう、ボールを避けようとしていた。故意に手を差し出してボールを扱ったわけではないから、ハンドの反則は適用されない。それに、反則が起きたと思われる場所もペナルティエリアの外だから、PKでもないよ。ただ、アスパスのダイブと判定した62分の場面は誤審だと思う。ラモスは明らかにアスパスの足を引っかけていたから、セルタにPKを与えるべきだったね」

各方面で様々な意見が錯綜している前述の場面。選手の技術やプレイスピードが格段に向上した現代サッカーにおいて、審判が肉眼のみで正確な判定を下すのは、もはや不可能なのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5/18(木) 13:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合