ここから本文です

性行為した男性カップルに公開むち打ち85回の判決 インドネシア

AFPBB News 5/18(木) 11:59配信

(c)AFPBB News

【5月18日 AFP】インドネシア・アチェ(Aceh)州の裁判所は17日、同性同士で性行為をし、シャリア(イスラム法)に違反したとされる男性2人に対し、むち打ち85回の刑を言い渡した。アチェ州はインドネシアで唯一シャリアが適用されているが、同性カップルにこのような刑が言い渡されるのは初めてのことで、人口の多数をイスラム教徒が占めるインドネシアにおいて同性愛者に対する逆風が改めてあらわになった形だ。

 20歳と23歳の男性2人はシャリアに違反したとして有罪判決を受け、それぞれにむち打ち85回の刑が言い渡された。2人は今年3月、地元の自警団が州都バンダアチェ(Banda Aceh)の寮に押し入った際、一緒にベッドにいたところを取り押さえられた。

 また、2人が自警団に取り押さえられた後、自警団が2人を蹴ったり殴ったりする様子や、裸のまま地面でうなだれている一方の男性を侮辱する様子などが捉えられた動画が、インターネット上で拡散した。

 2人は取り押さえられた後、警察当局に引き渡された。当局によると2人は恋愛関係にあり、性行為を3回したと認めたという。

 司法当局はデリケートな問題に関わる事例だとして、男性らの名前を明らかにしなかった。アチェ州はシャリアの適用と公開むち打ち刑の実施が国内で唯一認められており、賭け事や飲酒など、シャリアに違反した者に対して日常的に公開むち打ち刑が執行されている。同性での性行為はインドネシアの他の地域では違法ではないが、アチェ州では2015年に導入された規制により禁止されている。(c)AFPBB News

最終更新:5/18(木) 11:59

AFPBB News