ここから本文です

SLを運行する鉄道4社と鉄道博物館がスタンプラリー 抽選でホテル宿泊券も

5/18(木) 15:56配信

乗りものニュース

スタンプ2個以上で応募OK

 鉄道博物館(さいたま市)が2017年5月15日(月)から、関東の鉄道事業者4社と共同でSL列車を巡るスタンプラリーを開始しました。

 2018年4月から始まる大型観光キャンペーン「栃木デスティネーションキャンペーン」のプレイベントとして、そして今年8月、東武鉄道でSL列車「大樹」がデビューするのにあわせ開催されているものです。

 9月10日(日)までの期間中、スタンプラリーのパンフレットに、2か所以上のスタンプを押して応募すると、賞品が抽選で当たります。スタンプの設置場所は次のとおりです。

●スタンプひとつ目
・鉄道博物館
・旧新橋停車場(東京都港区)
・東武博物館(同・墨田区、東向島駅前)

●スタンプふたつ目
・JR東日本:水上駅(群馬県みなかみ町)または碓氷峠鉄道文化むら(同・安中市、横川駅前)
・東武鉄道:鬼怒川温泉駅(栃木県日光市)または下今市駅(同)
・真岡鐵道:SLキューロク館(栃木県真岡市、真岡駅前)
・秩父鉄道:長瀞駅(埼玉県長瀞町)

 賞品はふたつ目のスタンプの会社により異なります。また、すべてのスタンプを集めると、「コンプリート賞」として「日光金谷ホテル」(栃木県日光市)や「宝川温泉汪泉閣」(群馬県みなかみ町)のペア宿泊券(各4組)が抽選で当たります。応募の締切は9月12日(火)で、当日消印有効です。

乗りものニュース編集部