ここから本文です

ケネス・ブラナー、ジョニー・デップら“豪華過ぎる”『オリエント急行殺人事件』12月日本公開決定!

5/18(木) 18:00配信

ぴあ映画生活

ギネスブックで“史上最高のベストセラー作家”に認定されている、ミステリーの女王アガサ・クリスティー。彼女の代表作『オリエント急行殺人事件』は、これまで各国で映画化、ドラマ化されてきたが、このたび超豪華キャスト&スタッフの手によって新たな作品として蘇る。全米で11月10日(金)より、日本でも12月に公開されることが決定した。

『オリエント急行殺人事件』は、1934年に発表された長編推理小説。物語の舞台は、トルコ発フランス行きのオリエント急行の列車内。発車後すぐに、客室で男が刺殺されてしまう。偶然、乗り合わせていた名探偵エルキュール・ポアロが乗客たちの事情聴取を開始する。だが、誰もがアリバイを補完しており、容疑者に該当する者はひとりもいなかった―。

ポアロは、クリスティー作品でも有名な登場人物のひとり。シャーロック・ホームズなどと同様、名探偵の代名詞ともいえるキャラクターである。その愛されぶりは、『カーテンーポアロ最後の事件』が出版されると、ニューヨーク・タイムズが一面で彼の死亡記事を掲載したほど。

そんなポアロを演じるのは、ケネス・ブラナー。自ら主演を務めながら、メガホンを執る。『シンデレラ』や『マイティ・ソー』を大ヒットに導いた手腕を存分に発揮する。さらに、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジョニー・デップ、『バットマン リターンズ』のミシェル・ファイファー、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のデイジー・リドリー、『恋におちたシェイクスピア』でアカデミー助演女優賞を受賞したジュディ・デンチ、『それでも恋するバルセロナ』でアカデミー助演女優賞を受賞したペネロペ・クルスなど、豪華キャストが集結した。

また、スタッフ陣も超一流。『エイリアン:コヴェナント』のリドリー・スコット、『シャーロック・ホームズ』、『LOGAN/ローガン』、『X-MEN』シリーズのプロデューサー兼脚本家のサイモン・キンバーグらが名を連ねる。まさに “豪華すぎる” キャスト&スタッフで描かれる『オリエント急行殺人事件』。果たして、どんな作品に仕上がるのだろうか。

『オリエント急行殺人事件』
12月全国公開

最終更新:5/18(木) 18:00
ぴあ映画生活