ここから本文です

「幸せになってほしい」 眞子さま婚約内定に青森県南から祝福の声

デーリー東北新聞社 5/18(木) 10:42配信

 秋篠宮家の長女眞子さまと、大学時代の同級生・小室圭さんの婚約が明らかになって一夜明けた17日、青森県南地方の住民からも「明るい話題」「幸せになってほしい」といった喜びや祝福の声が相次いだ。

 16日夜からテレビのニュース番組で報道され、翌朝の各新聞でも1面で取り上げられた。

 八戸市石堂2丁目、主婦田名部淑子さん(67)は「明るいニュースが飛び込んできて、すごくうれしかった」。

 南部町のパート三浦恭子さん(52)も「最近は暗いニュースが多い中で喜ばしい話。どんな人がお相手なのか職場でも朝から話題だった」と喜んだ。

 「どの世代でも共有できる話題」と感想を語ったのは東北町上北北、自営業久保大さん(37)。経営する店を訪れた買い物客とも「おめでたいね」と盛り上がったという。

 大学時代のエピソードやデートを重ねた様子なども紹介された。五戸町下モ沢向の主婦村上ひろ子さん(68)は「美男美女でお似合い。出会い方や付き合い方も現代的」と話した。

 眞子様のお相手の小室さんにも注目が集まり、階上町赤保内、会社員椛沢忠夫さん(57)は「しっかりしていて、人が良さそうな印象を受けた。一緒になるのであれば幸せになってほしい」と願っていた。

デーリー東北新聞社

最終更新:5/18(木) 11:16

デーリー東北新聞社