ここから本文です

一足早くプール開き 佐賀・嘉瀬こどもの森

佐賀新聞 5/18(木) 15:55配信

 佐賀市嘉瀬町の認定こども園「嘉瀬こどもの森」(日高千恵子園長)で16日、夏のレジャーシーズンに向けて一足早くプール開きがあった。年少児から年長児までの230人が温室・暖房設備を備えた室内の温水プールで水遊びを楽しんだ。

 河川やクリークが多い地域で水の事故が絶えなかったため、同園は1972年から水の事故に備えて水泳の学習に力を入れている。同園の日高清彦副園長(38)は「何かあった時に冷静になれるよう、遊びの中から学んでほしい」と話した。園児たちの水に触れる機会を増やすため10月まで続ける予定。

 この日は日高副園長のあいさつのあと、園児たちは準備体操や安全祈願をして大小二つのプールに分かれて入った。水かけ合戦や輪くぐりなど思い思いに楽しんだ。年長組の溝上明衣菜(めいな)ちゃん(5)は「楽しい。水はあったかくて気持ちいい」と満面の笑顔で話した。

最終更新:5/18(木) 15:55

佐賀新聞