ここから本文です

GMが新型「キャデラック CTS」を発表! 装備をより充実させながら、新価格で販売開始

5/18(木) 21:02配信

オートックワン

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GM)は、キャデラックシリーズの中核を担うモデルである「キャデラックCTS」を全国のキャデラック、正規ディーラーネットワークで2017年5月20日から販売を開始する。

新型キャデラック CTSの写真をみる

「キャデラック」は、アメリカン・ラグジュアリーの伝統を継承するシリーズで、その伝統は110年以上にものぼるロングセラーモデルだ。

新型「キャデラックCTS」は、キャデラックの新たな方向性を踏襲し、フロントグリルをより力強く、洗練された新しいデザインに変更した。クラス初となるリアカメラミラーを導入し安全装備を追加するなど、スタイリング・装備をさらに充実させている。今回の変更では、同時に競争力のある新価格を設定し、一層魅力的なモデルに進化した。メーカー希望小売価格は7,450,000円(税込)となっている。

キャデラックの110年以上の伝統である斬新かつダイナミックなデザイン、アクティブオンデマンドAWDによる、オールラウンドの高い走行性能、10エアバッグシステムをはじめとする最新の安全技術、最高級のレザー素材やリアルウッドパネルやカーボンパネル等が創り出すラグジュアリーな室内空間など、セグメントを牽引する高いパフォーマンスと快適性を実現した。

今回のマイナーチェンジで変更された主な点は以下の通り。

NEWデザインのフロントグリル:フロントグリルのデザインを変更。より精悍なグリルがキャデラックの特徴であるフロントグリルをより印象づける。長く、より低く、より引締った力強い精巧なデザインが、スポーティで精悍な魅力を加えている。

クラス初のリアカメラミラーを導入:最新の安全装備として、クラス初となるリアカメラミラーを導入。後方カメラからの映像をライブ投影することで、従来比3倍の視野を確保しブラインドスポットを低減する。レーンチェンジ時の不安も解消される。

新価格の設定:装備をさらに充実させた一方、価格を変更。750万円を切った価格に設定することで、商品競争力を高め、幅広いユーザーへのアプローチを狙うと共に、キャデラックのエントリーモデルである「キャデラックATS」からの乗り換え需要を見込む。

インテリアカラーに新色を採用:シックで落ち着いた印象の、新色コナブラウンを採用。3タイプのラインナップが極上の室内空間を演出する。

伸びやかなスタイリング:美しさと技術力に裏付けされたデザインコンセプトを具現化。ダイナミックかつエレガントなスタイリングを実現。

最新のAWDシステム:アクティブオンデマンドAWDを搭載、あらゆる路面状況にも対応する高い走行性能を達成。

最新の安全技術を搭載:10エアバッグ、フロントオートブレーキやアダプティブクルーズコントロールなどをはじめとする最新の安全装備を搭載。

厳選した素材による上質なインテリア:最高級レザーシート、ナチュラルウッドトリム、カーボンパネル等を内装に使用。ラグジュアリー・セダン基幹モデルならではの上質でエレガントなインテリアに変更。

最終更新:5/18(木) 21:02
オートックワン