ここから本文です

将棋“ひふみん”加藤一二三九段 迷言さく裂!羽生善治三冠は「現役“パリパリ”」

5/18(木) 15:23配信

AbemaTIMES

 “ひふみん”の愛称でファンから親しまれる将棋のプロ棋士、加藤一二三九段(77)が5月17日、東京都中央区の日本橋三越本店で行われたイベントにゲスト出演すると、羽生善治三冠(46)について語る場面で「現役“パリパリ”」と発言し、集まった報道陣を爆笑させた。

 羽生三冠と共演したイベントを振り返ったトークを、アマ三段の実力を持つタレントつるの剛士と展開していた時、いきなり迷言が飛び出した。「羽生さんにニックネームをつけようという話には、私は善治さんだから『よっちゃん』と言ったんです。私は70歳から『ひふみん』と呼ばれるようになったので。そうしたら羽生さんは『では70歳になってから』と。そうですよね。まだ羽生さんは現役“パリパリ”ですから」。だれも想像していなかったかわいらしい響きに、約50人いた関係者・報道陣も爆笑。すかさずつるのも、「それ、“バリバリ”ですよ。パリパリじゃ、スナックじゃないですか」と突っ込んでいた。

 その後も、ひふみんトークは止まらない。「この前、羽生さんから『加藤先生、テレビに出づっぱりですね』と言われまして。小学校2、3年の時に学校で無口だと書かれたのですが。今、こんなにしゃべってますでしょ。だから人間って、わかりませんよ」とニッコリ。この日は金にちなんだイベントということもあり、横にいたつるのは「先生、口に金箔貼っていいですか?」と、再びツッコミを入れていた。

最終更新:5/18(木) 15:23
AbemaTIMES