ここから本文です

特殊高圧洗浄で落書き除去 環境にやさしい重曹活用

福島民友新聞 5/18(木) 11:08配信

 福島県いわき市のムラマツ電気工業(椎名秀和社長)が運営する、建設業エコロビームいわきは17日までに、郡山市八山田の国道288号の橋脚に書かれた落書きを特殊高圧洗浄「エコロビーム工法」で除去した。

 同工法は、洗浄に食品添加物にも使われる重曹を活用しており、環境や人体に優しく、洗浄能力も高いとされる。

 同社が、落書きの清掃を通して同工法をPRするとともに、社会貢献につなげようと本県で初めて実施した。

 現場では、社員4人がホースを手に、橋脚の壁面に向かって放水。重曹を含んだ高温高圧の水が壁に当たると、落書きが見る見る落ちていき、橋脚が美しく生まれ変わった。

福島民友新聞

最終更新:5/18(木) 11:08

福島民友新聞