ここから本文です

20歳ズベレフ 大会初の8強、世界29位にストレート勝ち<男子テニス>

5/18(木) 20:50配信

tennis365.net

BNLイタリア国際

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は18日、シングルス3回戦が行われ、20歳で第16シードのA・ズベレフ(ドイツ)が世界ランク29位のF・フォニュイーニ(イタリア)に6-3, 6-3のストレートで勝利し、大会初のベスト8進出を果たした。

【錦織vsデル=ポトロ 1ポイント速報】

この試合、ズベレフは1度もブレークポイントを与えずに第1セットを先取。続く第2セットは、ズベレフが序盤から4ゲーム連取。その後1度のブレークを許したが、粘るフォニュイーニを振り切り、1時間18分で勝利を手にした。

準々決勝では、第5シードのM・ラオニッチ(カナダ)と第12シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)の勝者と対戦する。

ズベレフは、1回戦で予選勝者のK・アンダーソン(南アフリカ)に6-4, 4-6, 6-4、2回戦で世界ランク36位のV・トロイキ(セルビア)に6-3, 6-4で勝利して3回戦に駒を進めていた。

BNLイタリア国際は、今年が2度目の出場。昨年は2回戦でR・フェデラー(スイス)にストレートで敗れた。

今シーズンは、南フランスオープン(フランス/モンペリエ、ハード、ATP250)とBMWオープン(ドイツ/ミュンヘン、レッドクレー、ATP250)の2大会でタイトルを獲得。前週のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)で大会初のベスト8進出を果たし、15日発表の世界ランキングでは自己最高の17位を記録した。

一方、2回戦で第1シードのA・マレー(英国)を破る金星をあげたフォニュイーニだったが、大会初の8強とはならなかった。

tennis365.net

最終更新:5/18(木) 20:50
tennis365.net