ここから本文です

テロ等準備罪、法相の不信任案を否決

ホウドウキョク 5/18(木) 18:39配信

国会は、テロ等準備罪を新設する法案をめぐり、野党が提出した金田法相の不信任決議案が、18日午後の衆議院本会議で、与党などの反対多数で否決された。
民進党などは17日、テロ等準備罪を新設する法案への金田法相の対応について、「資質の欠如ぶりは、憲政史上例を見ない」などとして、不信任決議案を提出していた。
18日午後の衆議院本会議では、各党の討論に続いて採決が行われ、与党や日本維新の会などの反対多数で否決された。
与党は、19日の委員会で法案の採決に踏み切る方針で、来週23日に衆議院を通過させたい考え。
政府与党は、当初予定していた法案の審議日程が大幅に遅れていることから、6月18日までの国会の会期を延長する検討に入った。
40日程度の大幅な延長も取り沙汰されている。

最終更新:5/18(木) 18:39

ホウドウキョク