ここから本文です

笹山貴哉とティルマンが名古屋Dとの契約を延長、今季活躍の2選手が残留へ

バスケットボールキング 5/18(木) 19:02配信

 名古屋ダイヤモンドドルフィンズは5月18日、笹山貴哉、ジェロウム・ティルマンとの契約を更新したことを発表した。

 笹山は筑波大学在籍時代の2014-2015シーズンにアーリーエントリーで三菱電機名古屋ダイヤモンドドルフィンズ名古屋(現名古屋D)に加入すると、以後3シーズン同クラブに所属。今季はポイントガードとしてレギュラーシーズン全60試合に先発出場を果たし、621得点(1試合平均10.4リバウンド)174アシスト(同2.9アシスト)78スティール(同1.3スティール)を記録した。クラブの公式HPで、「2017-18シーズンも名古屋ダイヤモンドドルフィンズでプレーできる事を嬉しく思います。前シーズンの悔しさを糧に練習に励み、たくさんの方に応援されるような選手でありたいと思います」と抱負を述べた。

 2009年にプロキャリアをスタートさせたティルマンは、スペインやイスラエルでプレーした後、2013年からレバンガ北海道に在籍。日本4年目となる今季開幕前に名古屋Dに移籍すると、56試合に出場し、910得点(1試合平均16.2得点)409リバウンド(同7.3リバウンド)の成績を残した。クラブの公式HPで、「2017-18シーズンも名古屋ダイヤモンドドルフィンズでプレーすることができとても嬉しいです。良いシーズンになるように昨シーズンの反省点を改善して頑張ります」とコメントした。

 なお、名古屋Dは17日に、中務敏宏、中東泰斗、藤永佳昭との契約を更新したことを発表している。

BASKETBALL KING

最終更新:5/18(木) 19:02

バスケットボールキング