ここから本文です

水曜日のカンパネラ、無観客ライブの裏側をウェブ公開

Lmaga.jp 5/18(木) 14:00配信

5月10日に「東京競馬場」(東京都府中市)でおこなわれた、ポップユニット・水曜日のカンパネラによる一夜限りのライブ『東京遊駿「TIME TO PLAY 」SPECIAL LIVE』。そのライブの裏側を映したディレクターズカット版が17日、YouTube公式チャンネルで公開された。

【写真】『東京遊駿「TIME TO PLAY 」SPECIAL LIVE』メインビジュアル

『日本ダービー』開催の地でも有名な「東京競馬場」は、東京ドーム約13個分の敷地面積を誇る競馬場。今回おこなわれたのは、音楽ライブ史上最大級となる初の試みで、一夜限りで無観客のインターネット完全生配信限定ライブとして開催された。

主演・歌唱のコムアイの設定は、『日本ダービー』に出走する競走馬たちの移動ルートに沿って、歌い駆け巡るパフォーマンスを敢行。生配信ながらMVのような演出クオリティにネットは騒然。10日の生配信では、23分間で視聴数は10万人以上、累計再生回数は公開から一夜にして50万再生を記録した。

2016年にメジャーデビューした水曜日のカンパネラは、今年3月に初の武道館単独ライブを成功させるなど、今もっとも注目を集めるユニットのひとつ。5月28日の『日本ダービー』開催週にも第2弾のプロモーション『TIME TO PRAY』が特設サイトで公開される予定だ。

最終更新:5/18(木) 14:03

Lmaga.jp