ここから本文です

『キングスマン』続編、日本公開決定! 豪華新キャストビジュアル解禁

5/18(木) 7:00配信

クランクイン!

 全世界4億ドルを超える大ヒットを記録した『キングスマン』の続編、『キングスマン:ゴールデン・サークル』の日本公開が決定し、タロン・エガートン、マーク・ストロングなど前作からのメンバーに加え、超豪華な新キャストを含む場面写真が解禁となった。

【関連】『キングスマン:ゴールデン・サークル』フォトギャラリー


 世界最強のスパイ機関“キングスマン”は、普段はロンドンの高級テーラーとして街に溶け込んでいたが、その拠点は、謎の敵=ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅されてしまった。残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク)のみ。続編で、2人は敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かうが文化の違いにとまどうこととなる…。

 解禁となった続編の場面写真では、前作で労働者階級のチンピラ風だったエグジーが、すっかりキングスマンの一流エージェントとなり、スーツやオレンジのタキシードをスマートに着こなす姿が印象的。

 新キャストとして、一風変わったアメリカのスパイ機関ステイツマンのメンバーのチャニング・テイタム、ジェフ・ブリッジス、ハル・ベリーが参戦。3人とも酒にまつわるコードネームが付けられており、カウボーイハットにGジャンのアメリカントラディショナルなスタイルの“テキーラ”(チャニング)、無骨な風貌ながらもリーダーを務める“シャンパン”(ジェフ)、メカニックを担当する“ジンジャー”(ハル)の写真も公開された。

 さらに壮大な陰謀を企む謎の組織ゴールデン・サークルのボスにジュリアン・ムーア、未だ役柄が謎に包まれているがエルトン・ジョンが名を連ねるなど、本作ではキャスト陣が豪華にパワーアップしている。

 そして、なんと前作で死んだと思われた、もう一人の主人公とも言うべきコリン・ファース演じるハリーが、驚きの復活を果たし、続編の監督もマシュー・ヴォーンが続投する。前作の世界観をそのままにさらなる興奮が待ち受けるであろう本作。今後、公開日も決定されるとのことで、ますます期待が高まるばかりだ。

最終更新:5/18(木) 7:00
クランクイン!