ここから本文です

フォード、1400人削減へ…北米やアジアなど

読売新聞 5/18(木) 23:27配信

 【ニューヨーク=有光裕】米自動車大手フォード・モーターは17日、北米とアジア太平洋地域の事務系社員の約1割に相当する約1400人を、9月末までに削減すると発表した。

 業績が伸び悩んでおり、コスト削減を強化する必要があると判断した。ただ、トランプ米大統領は米国の製造業の雇用拡大に力を入れており、フォードの方針に反発する可能性もある。

 約1400人のおよそ3分の2は北米地域で、残りはアジア太平洋地域で、それぞれ減らす。早期退職制度への応募を呼びかけることなどにより実施する。

 フォードは1~3月期連結決算で最終利益が前年同期比約35%減の約15億8700万ドル(約1700億円)と大きく落ち込んだ。昨年には日本から撤退している。

最終更新:5/21(日) 1:12

読売新聞