ここから本文です

打率.173と苦しむ巨人・小林誠司

5/18(木) 17:05配信

ベースボールキング

 巨人の村田善則バッテリーコーチが18日、小林誠司について言及した。

 3月に行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表に選出され、チームトップの打率.450を記録した小林だったが、シーズンが開幕してから打率はリーグワーストの.173と苦しむ。

 村田善コーチは「打率の面では、(打率.182の)梅野(阪神)も小林と変わらない。(梅野の打率は)チームが勝っている状況でなかなか目立たないだけ。やはり勝たなければいけないんだと思います」とコメント。続けて村田善コーチは、「うちも貯金がなくなるような事態に追い込まれれば、このままというわけにはいかないかもしれない」と話した。

 小林は3・4月の打率.153から5月は月間打率.211と上昇しているが、得点力をあげるためにも打撃力向上は必須だ。なお小林は、18時から行われるヤクルト戦で、今季初めてスタメン落ち。実松一成が先発マスクを被る。

(提供=ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING