ここから本文です

インディ最初の2日間を振り返るアロンソ「最大の驚きはファンとの近さ」

オートスポーツweb 5/18(木) 6:28配信

 F1モナコGPを欠場しインディアナポリス500マイルレースに挑んでいるマクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは2日間のプラクティスを終え、まだ快適ではないと語っている。

【写真】インディカーでのトラフィック走行を初体験するアロンソ

 5月3日の初テストでインディアナポリス・モータースピードウェイを110周走行し、ルーキードライバーに課せられるルーキー・オリエンテーション・プログラムもクリアしたアロンソ。

 F1スペインGPを終えるとプライベートジェットでインディアナポリスに向かい、15日からスタートしたプラクティス走行に参加した。

 週末の予選まで毎日6時間続くインディ500のプラクティス走行。初日にリヤサスペンションに問題が出たものの、プラクティス2日目は積極的に走行し2日間で172周を走行している。


 アロンソは最初の2日間を振り返り、「満足しているよ。でも安心してはいない」と語る。

「昨日、特にトラフィックの中で走れたことで、より快適になったし、今僕たちがいるポジションにも満足している。でも、まだまだだね」

「最初の1、2日はクルマを感じることができなかったから、セットアップの変更のすべてが僕には見えなかった。今はそれがわかるようになり始めているので、満足している」

「十分な時間があり、たくさん走ることができている。それでもまだ準備できていないけど、予選とレースに向かうだろう」

 オーバルでインディカー・マシンを走らせることは、彼がこれまでのキャリアで学んできたこととは劇的に異なるスタイルが必要だとアロンソは感じている。

「クルマは、間違いなく運転の仕方が違うよ。ヨーロッパのフォーミュラ1でキャリアを積んできたのなら、ここのオーバルレースに来た時、クルマは勝手に左に曲がっていくし運転するのに不自然に感じるだろうね」

「僕も最初のラップでターン1に近づいたときは少し不思議に感じたよ。しかし、シミュレーターでしっかり準備ができていたし、チームから多くの情報を得ていたので、そう感じることはわかっていた」とアロンソ。


 さらに、オーバルを走行する以外にもファン対応などに驚いていると語る。F1とは違ってプラクティス走行でファンに与えられたアクセスレベルは予期せぬものだったようだ。アロンソは写真やサインを多く求められ、それに対応している。

「まだ語るのは早いかもしれないけど、トラック以外でも多くの活動が期待されているよね。たぶん、次の日曜日になったときは違う考えをしているだろうけど、今はまだまだOKだよ」

「ガレージのすぐ外やピットレーンにさえファンがいることが最大の驚きだった。僕にとってはまったく新しい体験だよ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:5/18(木) 8:33

オートスポーツweb