ここから本文です

ERC:第2戦イソラス・カナリアス、"ロシアン・ロケット"が悪夢を乗り越え連覇

5/18(木) 17:35配信

オートスポーツweb

 WRCへの登竜門として、若きドライバーたちがステップアップを目指して参戦するERCヨーロッパ・ラリー選手権。その第2戦ラリー・イソラス・カナリアスが5月最初の週末にスペイン領グランカナリア諸島を舞台に開催され、2日間全12ステージ中10SSで最速を記録したアレクセイ・ルカヤナク(フォード・フィエスタR5)が、昨年に続き同イベント2連覇を飾った。

【写真】レディース・トロフィーで2位に入った女性ドライバーのケイティー・ミュニングス

 デイ1初日の全6SS中、最初の4SSを終えてミッドデイ・サービスに戻ってきた時点で、“ロシアン・ロケット”とも呼ばれるルカヤナクは全SSトップタイムをマーク。

 しかし、ライバルとなる2年連続王者のカエタン・カエタノビッチ(フォード・フィエスタR5)に対しては、2.5秒と僅差のバトルに。

「実はステージ2のスタートでミスがあり、ジャンプスタートの裁定で10秒のペナルティを受けてしまったんだ。少し慎重にいかないとね」とルカヤナク。

 その言葉通り、午後の2ステージもトップタイムで上がったルカヤナクは、最終的に25.7秒のリードを築いて初日を終えた。

「いい1日だったね。SS2のミスもあったし、今日は少し賢く責めすぎないことを意識して走った。ブルーノ(・マガラエス)も速いし、明日のデイ2も慎重に行くつもりだ」

 ルカヤナクが警戒する前戦開幕戦アゾレス勝者のブルーノ・マガラエス(シュコダ・ファビアR5)は、フルターマックの初日で2番手カエタノビッチに遅れること2.2秒の3番手につけた。

「このマシン(ファビアR5)でターマックを1kmも経験しないで走ったことを考えれば、このデイ1はキャリアでも最高の部類に入る1日になった」と満足げなマガラエス。

 一方、カエタノビッチのチームメイト、ポール-トーマス・カスペルチェクのフィエスタが、SS1の右コーナーへの突入スピードを誤り、コースオフ。

 大きなアクシデントとなったが、タイガー・エナジードリンク・ラリーチームのフォード・フィエスタR5は、ガードレールに救われる形で谷底への転落を免れ、クルーとも無傷での帰還となった。

 また、このイベントからERCの戦線に復帰した有力フランス人ドライバー、ブライアン・ブフィエ(フォード・フィエスタR5)は、ブレーキに問題を抱えながらの走行となり、初日は9番手留まった。





 続くデイ2も、オープニングのSS7からルカヤナクがスパート。CVジョイントの破損というマイナートラブルがありつつも、そのスピードは衰えることを知らず、続くSS8とSS11のみカエタノビッチにトップタイムを譲ったものの、それ以外のステージをすべて制覇。

 最終的に初日の倍となる57.2秒までリードを拡大し、開幕戦リタイアの“悪夢”を振り払う完全勝利を決めた。

「1年を経て大きく進歩できたと実感できてうれしいよ」とルカヤナク。

「4週間前(の開幕戦)は最悪の気分だったけど、今は天国に来たような感じだ。開幕戦後はメンタルのトレーニングを重ねて、クルマのセットアップや状況に対応する精神力を養ってきた。事前に50kmのテストしかできなかったけど、今回素晴らしいマシンを用意してくれたチームとピレリ、すべての人々に感謝したい」

 その後方、2.2秒差でカエタノビッチを追った3番手のマガラエスだったが、ダンプコンディションとなったオープニングのSS7で遅れ、SS9を前に9.1秒までギャップが拡大。

 しかし、午後のループでカナリア諸島の道に適応してみせたマガラエスは、4.1秒まで差を詰めたものの、カエタノビッチもこれに反応し、最終的に6.4秒差でポジションを守ってみせた。

 ポディウム以下、4位にはヒュンダイi20 R5を投入した地元スペイン人のイヴァン・アレスがヒュンダイにERC最上位をプレゼント。5位にはプジョー・ラリー・アカデミーのドライバーとしてERCアンダー28エントリーとなるホセ-マリア"ぺぺ"・ロペスの208T16が入った。

 次戦となる第3戦は、2014年からERC復帰を果たしている伝統のアクロポリス・ラリーとなり、6月2~4日にラミアを中心に“カー・ブレイカー・ラリー”として有名なグラベルステージ群が待ち受ける。

[オートスポーツweb ]