ここから本文です

巨人完敗 大竹寛KO、中継ぎ陣は四球絡みで失点

日刊スポーツ 5/18(木) 0:11配信

<巨人0-7ヤクルト>◇17日◇東京ドーム

 巨人が投打に見せ場なく完敗した。

【写真】巨人大竹から右中間に2点適時二塁打を放った大松

 先発大竹寛が初回に2失点し、5回まで毎回の計10安打を許し、4失点でKO。6回も2死からルーキー池田が崩れ、篠原と合わせて3失点し、大勢が決した。

 打線も6シーズンぶりに対戦したヤクルト先発由規に7回まで2安打無得点に封じられた。村田真ヘッドコーチは山田に2安打、雄平に4安打を浴びたことに「同じ打者に打たれすぎ。3、4、5番は特にミーティングしているわけだから」とバッテリーに反省を求めた。

 高橋監督は中継ぎ陣の四球が絡んだ失点に「打たれるのはしょうがないけど2人(池田、篠原)とも四球が失点に絡むケースが多い」と課題を指摘した。

最終更新:5/18(木) 0:52

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/25(木) 18:05