ここから本文です

吉田麻也「最後の試合しっかり勝つというのが大事」

日刊スポーツ 5/18(木) 9:29配信

<プレミアリーグ:サウサンプトン0-0マンチェスターU>◇17日◇サウサンプトン

 DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは、ホームでマンチェスター・ユナイテッドと0-0で引き分けた。

【写真】ゴールを決めて喜びを爆発させる吉田麻也

 吉田はセンターバックでフル出場した。

 サウサンプトンは勝ち点を46と伸ばし、8位。最終節はホームでストークと対戦する。

 以下は吉田との一問一答。

 -引き分けという結果になったが、PKのチャンスもあったし、勝てたのでは?

 吉田 勝てたでしょ(笑)。勝てたな~。

 -マンUにひと泡吹かせたかった?

 吉田 そうですね。全然チャンスあったと思うんですけどね。(点が)入んないね。後ろは良かったとは思うんですけど、やっぱりアタッキングサードのところでのインパクトがちょっと、あとクリニカルな部分が足りなかったし。マンUもやっぱり良くないけど、やっぱり最後のところは体張ってくるなっていう感じはありましたね。

 -前節でイングランドでの公式戦最多出場(35)を記録して、4月のクラブの最優秀選手にも選ばれた。いいシーズンだったといえる?

 吉田 8位で終われたらそう思える。だから最後の試合しっかり勝って、というのが大事になってくる。勝ちたいっすね。ストークも調子が良くないし、チャンスはある。ホームで立て続けに2試合できるんで。そこはやっぱりチャンスだと思う。

 -今シーズンを振り返ると、1月からレギュラーをつかみ、フル出場を続けて終わろうとしている

 吉田 最後までいいパフォーマンスを継続したいし、最後もゼロで終わりたいと思っている。今季は自分にとっていいシーズンだったし、チャンスが来るのを今までずっと待っていたので。(そのチャンスが)来た時にしっかりつかめてよかったとは思いますけど、また夏の補強でどうなるかわからないし、監督も出るかもしれないというニュースが出ている。わからないですけど、状況はまた変わるんで。もちろん今はまだ考えていないですけど、オフシーズンをいい過ごし方をして、またいい状況でプレシーズンを迎えたい。ただ1年出続けたので、しっかりメンテもしなければいけないし。もちろん継続してパワーアップもしなければいけないとも思う。

 -サウサンプトンではレギュラーをつかんだという感触はあるか?

 吉田 いやないっすね。半年半年が勝負なんで。一瞬でも気を抜いたらまた足元救われるという感覚の方が強いです。

 -自分はレベルアップしていると思う?

 吉田 しているとは思う。ただもう一個上に行くためには、こういうマンチェスターUとか、アーセナルとか、リバプールとかマンCとかそういう上のチームに対する結果が必要になってくる。クリーンシートも下位のチームを相手にじゃなくて、強い相手との試合で重ねられれば、もっといい選手になれるし、もっと高い評価も得られると思う。それができて、ロブレンやアルデルバイレルトやフォンテはやって来たんで、評価された。ステップアップするためにはそれが必要だと思います。

 -前半戦からずっと安定したパフォーマンスをと言い続けてきたが、その点に関しは満足しているか?

 吉田 まあ守備に関しては。もうちょっとボールを持っている時にアイディアは質を上げたいと思っているし、ここからプラスアルファーで武器を作っていきたい。ベーシックなところはもちろん上げているんだけど、そこから突出した何かを武器として持てたら、さっき言ったさらにいい選手になれる。これから磨いていくしかない。

 -経験値が上がって、プレーに落ち着きが増したと思うが、そこはレベルアップではないか?

 吉田 まあそれはレベルアップというより、試合に出続けていることで試合勘であったり、慣れの方だと思う。

 -試合に出ていればこのくらいはできるという思いは前からあった?

 吉田 出てない時からその気持ちは持っていた。試合にさえ継続的に出れたらっていうのは、ずっと思ってたし、エージェントともそういう話をしていたんで。そこでそういう継続的なチャンスをもらえて、結果を出せたのは良かったと思います。

 -来季は?

 吉田 来季は、これから契約の話になると思いますけど、残り1年なんで、何かしら動きはあるかもなんで、僕もちょっとまだ分からないです。これからシーズン終わってからかなと。まぁ、ファンダイクの状況とか、他の選手と取るとか、監督のこととかあるのかなと思ってますけど、僕にとっては、今(試合に)出てる状況で、立ち位置的には、有利なポジションなので、別に焦ってないし。色んなものが見れたらいいと思います。

最終更新:5/19(金) 11:29

日刊スポーツ

スポーツナビ サッカー情報