ここから本文です

プロ野球戦力外・引退選手進路 22人が未定、不明

日刊スポーツ 5/18(木) 13:53配信

 日本野球機構(NPB)は18日、2016年の戦力外選手・引退選手計125人の進路について、追跡調査結果を発表した。

【写真】球団広報に転身した阪神元ドラ1二神

 野球関係に進んだのは88人(70%)。そのうちNPB(他球団と契約、コーチ、職員、スタッフなど)は60人(48%)。

 その他の野球関係は22人(17・6%)で、内訳はBCリーグ9人、BFリーグ1人、社会人野球11人、大学野球コーチ1人。野球解説者は6人(4・8%)になった。

 野球関係以外に進んだのは37人(30%)。就職は14人で、自営業1人。未定、不明は22人になった。不明の中には、消防士を目指しながら、試験結果がまだ出ていない2選手なども含まれている。

 調査を開始した07年以降、NPBに残った人は全体の60%が最多だった。それが16年は48%まで減少。プロ入り前に所属した社会人チームに復帰する例なども増えている。

 NPBのキャリアサポート担当、手塚康二氏は「選択の幅は広がったが、その中で一般の会社への就職はあまり増えていない。宮崎フェニックスリーグのアンケートでは、(引退後の)一般企業への就職希望が増えているが、辞めた選手に波及するのはあと2~3年かかるかもしれない」と見通しを示した。

最終更新:5/19(金) 11:08

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/24(水) 22:45