ここから本文です

プロ注目の中大・鍬原、連投で好リリーフ締め

日刊スポーツ 5/18(木) 16:00配信

<東都大学野球:中大7-4専大>◇第7週第2日◇18日◇神宮

 中大が15年秋以来3季ぶりの勝ち点3以上として、今季を終えた。

 序盤に3点を先行されたが、3回裏に打者10人の猛攻で6得点し逆転した。8回からは前日先発したプロ注目右腕の鍬原拓也投手(4年=北陸)が2回無失点で逃げ切った。

 昨年12月から2度目の指揮を執る清水達也監督(52)は、復帰1季目の優勝はならなかったが、2位の可能性を残す。清水監督は「けが人が多かった。2カ月間戦える体力や精神力をもっと付けていかないといけない。秋までに全員のレベルアップを」と話した。

最終更新:5/18(木) 16:06

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/25(木) 22:05