ここから本文です

拳四朗、圧勝劇で「北斗の拳」世代以外も知名度↑だ

日刊スポーツ 5/18(木) 16:38配信

 ボクシングのトリプル世界戦(20日、東京・有明コロシアム)の調印式が18日、都内で行われた。

【写真】「北斗の拳」の主人公ケンシロウ

 WBC世界ライトフライ級王者ガニガン・ロペス(35=メキシコ)に挑む同級4位拳四朗(25=BMB)は会見で「今は緊張とか特にしていないですが、当日は気合入れて絶対勝ちます。いつも通りのボクシングをして、圧勝したいです」と抱負を語った。

 また父の寺地永会長(53)が人気漫画「北斗の拳」の主人公ケンシロウにちなんで付けた名前について「『北斗の拳』世代の方は覚えてくれやすいでしょうが、もっと多くの世代に自分を知ってほしい。ベルトをとって、親孝行したいですね」と話していた。

最終更新:5/18(木) 16:50

日刊スポーツ