ここから本文です

米倉涼子「お尻大きくなった」2年ぶり舞台へ猛稽古

日刊スポーツ 5/18(木) 18:06配信

 女優米倉涼子(41)が18日、都内で、5年ぶりに主演を務めるブロードウェイミュージカル「CHICAGO」の公開舞台稽古を行った。

【写真】インタビューに応じる米倉涼子

 会場は前回と同じニューヨークのアンバサダー劇場で、日本人女性が主演としてブロードウェイミュージカルに2度目の出演を果たすのは史上初。日本での稽古では「CHICAGO」出演経験のある大澄賢也(51)らがサポートを務めており、この日は「Roxie」など3曲を披露した。

 米倉は「たくさんの皆さんの前で踊るのは最初で最後なので、ありがたかったです。ありがとうございます」とあいさつ。5年ぶりの再演については「5年前にあそこに立って、『アジア人が立てたことはすごいね』って言われたことがすごく思い出で、うれしいですし、あの時と変わらないのではなく、年を取った分の経験が自分の芝居に生かされてると思ってもらえるようにしたいなと思っています」。本場ニューヨークの舞台に立つことについては「宝くじに当たったような感じかな。それぐらい特別なこと。シカゴに携われていることが究極にすごいことなんですよね。私の中の宝物です」と笑顔を見せた。

 初めて主演のロキシー・ハート役を務めたのは、約9年前の08年の日本公演だった。10年にも日本公演を行い、12年に初めて憧れのブロードウェイの舞台に立った。今回が4度目の「CHICAGO」となる。「(初出演から)10年ぐらい経っちゃいましたね。いつまでもこのつかんだ手を離したくないなって思いがずっとあって、本当に08年にやったときから、また次をやりたいと思っていた。いつも幸せと後悔の混ざり合いのような気持ちだったので、できるなら一生やっていたいですけど、本当にありがたいですよね」。

 舞台への出演は約2年ぶりとなり、ブランクも感じていたようで「持ち合わせている筋肉をほとんど失っていたので、みんなで体幹とかを鍛えて、足とかお尻とかが大きくなっちゃった。でも、舞台をしていると生きている感覚を取り戻せて、すごく貴重な時間を過ごしているなと思います」。

 6月中旬には米国へと渡り、本番の舞台で稽古を積んでいく。最後に米倉は「まだわからないですけど、今回で最後だと思っているし、短い時間ですけど、思いを全部お届けするつもりです。シカゴは今年で20周年なので、特別な舞台に立たせていただけることがありがたいですし、(ニューヨークでは)周りはアメリカ人ばかりですけど、たくさんの日本人にも見に来てもらいたい」。

 同舞台はニューヨークのアンバサダー劇場で7月3日から10日間上演し、8月2日からは同作のリバイバル上演20周年を記念した日本ツアーも行う。

最終更新:5/18(木) 19:35

日刊スポーツ