ここから本文です

ロシア:1-3月GDP、前年同期比0.5%増-2期連続で伸び悩み

5/18(木) 0:26配信

Bloomberg

ロシア経済は2四半期連続で低い伸びとなった。リセッション(景気後退)脱却後も景気回復に勢いが付かない状況が続いている。

ロシア連邦統計局が17日発表した1-3月期の国内総生産(GDP)速報値は前年同期比0.5%増。昨年10-12月期は0.3%増だった。ブルームバーグがまとめたアナリスト16人の調査中央値では0.4%増が見込まれていた。

同国GDPは2015年1ー3月期の1.9%減から7期連続でマイナス成長を記録していた。

ロシア中央銀行は、原油価格をバレル当り50ドルとしたベースシナリオに基づき、今年の成長率を最大1.5%と予想している。

原題:Russian Recovery Sputters as Economy Continues Slog After Crisis(抜粋)

Anna Andrianova

最終更新:5/18(木) 0:26
Bloomberg

Yahoo!ニュースからのお知らせ