ここから本文です

「Gmail」にスマートリプライ機能--ユーザーに代わって返信を作成

CNET Japan 5/18(木) 11:42配信

 Googleは米国時間5月17日、「Gmail」に新機能「Smart Reply」(スマートリプライ)を導入すると発表した。基本的には、メールやメッセージの返信を予測作成する機能となる。

 Smart Replyはかなり単刀直入な機能だ。Googleの機械学習を利用し、ユーザーが受信したメールとメッセージに対して3つの返信文を提案する。ユーザーはそれを却下することも、1つを選んでそのまま送信ボタンを押すこともできるほか、必要に応じて文章を追加することもできる。Smart Reply機能を使えば使うほど、提案内容は適切なものに改善されていく。

 Googleの「Inbox by Gmail」とメッセージアプリ「Allo」は、以前からSmart Reply機能を導入していた。Googleはモバイル版「Inbox」から返信されたメールの12%がSmart Replyを使用して送信されたとしている。

 Smart Reply機能はAndroid版、iOS版両方のアプリに導入される。現在は英語のみだが、数週間内にスペイン語もサポートされるようになるという。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:5/18(木) 12:31

CNET Japan