ここから本文です

グーグル、インストール不要の「Android Instant Apps」を開発者に開放

CNET Japan 5/18(木) 10:33配信

 私たちが「Android Instant Apps」という名称を最初に耳にしてから、1年が経過した。このクールな名前の機能を利用すると、ユーザーは「Google Play」ストアからアプリ全体をダウンロードしなくても、そのアプリの一部を起動することができる。軽量版アプリのようなものと考えてもらえばいい。

 今回、Googleは「Android」OSにおいて、Instant Appsをこれまでよりはるかに重要な機能にしようとして、Instant Appsを全ての開発者に開放した。

 つまり、非常に近い将来、ダウンロードやインストールを全くせずに利用できるミニアプリが大量に登場する、ということだ。

 ユーザーは時間と端末上の容量を節約できるほか、見にくいモバイルサイトの閲覧を強いられる苦痛からも解放される。そうしたモバイルサイトの代わりに、リッチなビジュアルを備え、モバイルに最適化されたパッケージを利用することが可能になる。

 検索結果やリンクをクリックすると、「Android O」は魅力的でリッチなアプリ風環境を起動し、ユーザーが簡単に記事を閲覧および共有したり、そのサイト上のアイテムを購入したりできるようにする。

 最高なのは、Instant Appsがランチャーに直接統合されることだ。そのため、ユーザーはアプリを検索して、そこで見つけることができる(これはGoogle Playストアでの検索結果の一部だ)。The New York Timesのクロスワードパズルは、Instant Appの格好の例の1つである。

 Instant Appを手軽に利用できるようにしたければ、同機能のアイコンをホーム画面に保存するだけでいい。Instant Appは「Recent apps」(最近使用したアプリ)にも表示される。

 Instant Appは旧バージョンのAndroidでも機能するが、Googleによると、Android Oでより大きな威力を発揮するという。ファイルサイズが小さくなるので、Instant Appsはこれまでより速く読み込まれる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:5/18(木) 10:33

CNET Japan