ここから本文です

阪神・メッセンジャー力投も今季初黒星「チームが負けると悔しい」

東スポWeb 5/19(金) 0:15配信

 阪神のランディ・メッセンジャー投手(35)が18日の中日戦(甲子園)で8回12奪三振2失点の力投を見せたが、今季初黒星を喫した。

 打線の援護に恵まれず、開幕6連勝を逃した右腕は「内容は悪くなかったが、点の取られ方が悪かった。どれだけ長く投げてもチームが負けると悔しい」と、虎投の大黒柱らしく自身の連勝よりもチームの連勝が4で止まったことを悔やんだ。

 金本監督は「十分に責任を全うしてくれた」とメッセンジャーを称えつつ「勝ち越されてしまったが、自分で責任を持って投げさせた」と、123球を投じた中5日の右腕に8イニングを託した。

最終更新:5/19(金) 0:15

東スポWeb