ここから本文です

民進・細野氏、グループ会長退任へ 静岡県知事選一因

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/19(金) 7:44配信

 民進党の細野豪志前代表代行(衆院静岡5区)が、自ら率いる党内グループ「自誓会」の会長を退任する意向を固めたことが18日、関係者への取材で分かった。細野氏に対しては所属議員から、県知事選の対応を巡って不満が噴出していて、退任を決める一因になったとみられる。

 自誓会が19日朝に都内のホテルで開く臨時総会で、退任を表明するとみられる。後任には、黄川田徹元復興副大臣の名前が挙がっているが、会長職が当面空席になる可能性もある。細野氏の知事選出馬を模索する動きを受け、4月に代表代行を辞任した際、所属議員の間に「説明が不十分」「リーダーを代えるべきだ」などと反発する声があった。

 細野氏は2014年4月の自誓会発足以来、会長を務めてきた。自誓会は他のグループとの掛け持ちを禁じるなど自民党の派閥のような位置付けだが、今後はより緩やかな政策集団として活動する案も出ている。

静岡新聞社

最終更新:5/19(金) 7:44

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS