ここから本文です

フエルサ ブルータ、世界初演の最新作が明らかに

5/19(金) 12:23配信

チケットぴあ

アルゼンチンで誕生し、世界を席巻してきたショー「フエルサ ブルータ」の最新作「WA !」が、この夏、世界に先駆けて日本で開幕。チーフ・アンバサダーに就任した岸谷五朗をはじめ、アンバサダーの大谷亮平、松井愛莉、吉沢亮が制作発表記者会見に登場し、最新作についてPRした。

フエルサ ブルータは、30の国と地域の60都市以上で上演し、累計500万人以上の観客を魅了した体感型エンターテインメントショー。2014年に日本初上陸し、約6万人を熱狂させた。前作を観劇したという松井と吉沢は、観客の頭上近くまで降りてくるプールのパフォーマンスに大興奮だったそう。

世界初演となる最新作は、アルゼンチンと日本による共同制作。“和風・調和・平和・輪”などのイメージから「WA !」と名付けられた。今回も、頭上に出現する巨大プールは見どころのひとつだが、岸谷は「今回は2階席があるので、世界で初めてプールを上から観ることもできる。世界にひとつしかないショー」と説明。これまでに誰も観たことのない光景が広がることになる。

他にも、鎧をまとったパフォーマーがランニングマシーンを高速で掛けながらおこなうアクションや、壁を走り回るニンジャのワイヤーアクションなど、見どころ満載。無重力をモチーフにした芸者のパフォーマンスは、水面に映り込んだ逆さ富士のように芸者が上下に出現。その後ろには幾筋もの雲が横に流れ、幻想的な世界を作り出す。岸谷は、「圧倒されるパフォーマンスばかりですが、これは一部。ぜひ体感しにきてください」とアピールした。

また、会場には、ブエノスアイレスで2か月間にわたり、厳しい稽古をおこなった日本人パフォーマーも登場。強風と紙吹雪に煽られながら、一糸乱れぬエネルギッシュなダンスパフォーマンスを披露し、会場を盛り上げた。アンバサダーたちは、「一緒に踊りたくなるような臨場感と一体感」(大谷)、「この作品にかける熱をひしひしと感じた」(吉沢)、「ダンスの迫力がすごい!」(松井)と大絶賛。ブエノスアイレスまで稽古を見学に行った岸谷は、「あの土地にしかない熱みたいなものが、この作品を生み出しているんだなと感じました」と振り返った。

フエルサ ブルータ「Panasonic presents WA!-Wonder Japan Experience 」は、8月1日(火)から9月30日(土)まで東京・品川ステラボールにて開催。チケットは5月24日(水)まで先行受付中。シャンパン(モエ・エ・シャンドン)付きのVIPシートチケットも発売中。

最終更新:5/19(金) 12:23
チケットぴあ