ここから本文です

“神々の滝”の意味を持つ アイスランドで最も壮観な滝ゴーザフォス

6/9(金) 10:20配信

THE PAGE

THE PAGE

 ダウンジャケットにニット帽、手袋……、いつもより膨らんだスーツケースを転がし成田へ。ヘルシンキ経由で北極圏に位置するアイスランドに向かった。国名からイメージしていた“氷の国”は想像を超えていた。

フォト・ジャーナル<息づく大地:ホットなアイスランド>-倉谷清文第5回

 今回は北部を中心に周ったアイスランドの旅。最後に立ち寄ったゴーザフォス。

 アイスランド語で“神々の滝”を意味する。川幅の大小と落差の高低があり、アイスランドに数ある滝の中でも一番美しい景観かもしれない。

 アイスランドの面積は約103,000平方kmと、北海道よりひとまわり大きいぐらいの広さ。そんな中に自然が作り上げた不思議な光景が多く見られる。地上だけでなく洞窟、海底、氷河、夏の白夜、オーロラなど、挙げればきりがない。

 思えば移動中、ずっと流れる風景を眺めていた気がする。また、いつか冬のアイスランドを撮りに来ようと思う。

(2017年4月撮影・文:倉谷清文)

※この記事はTHE PAGEの写真家・倉谷清文さんの「フォト・ジャーナル<息づく大地:ホットなアイスランド>-倉谷清文第5回」の一部を抜粋しました。

最終更新:6/15(木) 6:08
THE PAGE