ここから本文です

ニュージーランド航空、CAにMS「ホロレンズ」 乗客の情報表示

5/19(金) 17:03配信

Aviation Wire

 ニュージーランド航空(ANZ/NZ)は、客室乗務員が装着するゴーグル型端末に、利用客の情報を集約する技術を研究している。ゴーグルに情報を表示することで、個々に合ったサービスを提供し、顧客満足度の向上を図る。

【ホロレンズに表示される利用客の情報】

 使用するゴーグル型端末は、マイクロソフトのAR(拡張現実)を使用したヘッドマウントディスプレイ「HoloLens(ホロレンズ)」で、利用客の食事や飲み物の好み、旅程、会員情報の詳細などを表示することができる。視覚・聴覚情報を通じ、利用客の気持ちを参照できる機能も備えた。

 ニュージーランド航空は、技術がもたらす未来型機内サービスの研究・開発を進めている。2015年11月からは、ICチップを埋め込んだリストバンド「エアバンド」を、1人で利用する子ども向けに導入している。

 ホロレンズはゴーグルのような形状のARヘッドセットで、Windows 10を搭載した新しいホログラフィックコンピューター。スマートフォンやパソコンなどの外部機器と接続せずに、ワイヤレスで使用できる。

Yusuke KOHASE

最終更新:5/19(金) 17:03
Aviation Wire