ここから本文です

キムタク 13年ぶりカンヌ「戻ってこられた」 ド迫力時代劇を世界発信

デイリースポーツ 5/19(金) 5:59配信

 フランスで開催中の「第70回カンヌ国際映画祭」に13年ぶりに参加する元SMAPの木村拓哉(44)が18日、現地で行われた公式会見に三池崇史監督(56)、女優・杉咲花(19)と共に出席した。ソロ活動後初上映の主演映画「無限の住人」が特別上映枠「アウト・オブ・コンペティション部門」に選出。木村は「戻って来られたことに感謝しています」と凱旋の喜びを語った。

【写真】杉咲花 質問攻めに「ごめんなさい」

 カンヌの空と海のように澄み切った笑顔あふれる凱旋だった。

 約50人の記者が集まった会場に紺の衣装で登場すると拍手と質問が飛び交った。「カンヌはしばらくぶり。違いは?」と問われ「完全なるメイドインジャパンでの参加が大きな違い。戻って来られたことに感謝しています」。今後の役者業については「自分に、この役というのがあるとすれば運命。一つ一つの出会いを消化して全力で臨んで行きたい」と語った。

 13年前の“ドタバタ・カンヌ”とは違い、順調に会見を迎えた。前回は、04年の香港映画「2046」(ウォン・カーウァイ監督)でコンペティション部門選出に参加。SMAPとして活躍した31歳当時は、フィルムの到着が遅れ公式会見などが延期になり、宿泊先のホテルの従業員がストライキ中とトラブルが続いた。

 今回はプレス試写が450人の満員で会見も予定通り行われ、終了後には外国記者からサインを求められると笑顔で応えた。海外メディアなど10社の取材も受ける予定だ。

 フランスには現地時間17日にミュンヘン経由でニース空港に到着。乗り継ぎ合わせ約15時間の長旅の疲れも見せず、監督と町並みも歩き「充実感がありました」と楽しんだ。

 映画「無限の住人」の原作は世界22カ国で刊行され、フランスでも読まれている。木村演じる不死身の用心棒・万次の壮絶な殺陣を、6作目のカンヌ参戦と世界でも人気の三池監督と初タッグで作り上げた。吹き替えなしのアクションと時代劇の反響が期待される。

 日本時間19日には公式上映を控える。SMAPの看板を外して心機一転、ソロとして活躍する44歳が、昨年1月のSMAP解散騒動時に撮影した作品と共に“世界の木村”としてカンヌに名を刻む。

最終更新:5/19(金) 8:03

デイリースポーツ