ここから本文です

ヤフーがプログラマティック広告分野を強化、高品質で信頼性の高い広告取引の実現へ

5/19(金) 15:06配信

Web担当者Forum

ヤフーは、マーケティングソリューション事業でプログラマティック広告(データに基づくリアルタイムの自動広告枠買い付け)分野を強化する、と5月18日発表した。自社の広告取引プラットフォーム「Yahoo!アドエクスチェンジ」を通じ、広告出稿側企業と広告を掲載する媒体社の両者に利点がある高品質で信頼性の高い広告取引を実現する。広告出稿側はヤフーと、それ以外の広告サービスを利用して媒体社向けプログラム「Yahoo!アドパートナー」参加の媒体社や他社のSSP(サプライサイドプラットフォーム)、アドエクスチェンジとの取引が可能になる。

広告出稿側が質の高い媒体枠、媒体社側は収益の最大化を求めていることに応えた。広告出稿企業は、広告出稿者と媒体社を限定した「Yahoo!プライベートマーケットプレイス」との連携で質の高い媒体から最適な枠の取引も可能になる。媒体社は、「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク」や「Yahoo!プレミアムDSP(デマンドサイドプラットフォーム)」に加え、Yahoo!アドエクスチェンジを通じて国内外の主要なDSPにリアルタイムにアクセスできるようになる。Yahoo!アドパートナーはYahoo!アドエクスチェンジ経由でアクセス可能な全広告を対象にする。

最終更新:5/19(金) 15:06
Web担当者Forum