ここから本文です

今平、首位発進!女子大生キャディーと初Vへ/国内男子

サンケイスポーツ 5/19(金) 7:00配信

 男子ゴルフ関西オープン第1日(18日、京都・城陽CC=7037ヤード、パー71)今平周吾(24)=レオパレスリゾートグアム=が4バーディー、ボギーなしの67で回り、4アンダーで単独首位に立った。開幕戦「東建ホームメイトカップ」で組んだ女子大生キャディー、若松菜々恵さん(21)と2度目のコンビでツアー初優勝を目指す。史上6人目の3試合連続優勝を狙う宮里優作(36)=フリー=は2オーバーで48位。

 2戦連続5位と好調の今平。この日も出場選手でただ一人、ボギーなしだった。

 「ピンチは18番だけ。このコースはショットの正確性が求められる。嫌いじゃないです」

 18番(パー4)ではドライバーショットが右に曲がり、ラフの深みに転がった。木が邪魔でグリーンを狙えない。そこで第2打をグリーン左手前バンカーに意図的に落とした。リカバリーショットをピン横1メートルに付け、パーをセーブした。

 “女神”もいる。2度目のコンビとなる若松キャディー。中部学院大ゴルフ部に所属する女子大生だ。初コンビとなった今季開幕戦は4日間アンダーパーで8位だった。「あと3日アンダーパーで回れば、いい位置にいられるので頑張る」。美人キャディーの力も借り、初優勝に突き進む。

最終更新:5/19(金) 8:32

サンケイスポーツ