ここから本文です

西武・誠が一軍初昇格 1日6食で増量&球速アップ

5/19(金) 7:36配信

東スポWeb

 西武5年目の誠投手(22=本名・相内誠)が19日のソフトバンク戦(メットライフ)から中継ぎとして今季一軍初昇格することが分かった。

 誠はここまでイースタン6試合に登板し2勝0敗、防御率3・18。5日の日本ハム戦(鎌ケ谷)では4安打1失点完投勝利を挙げるなど昨年の右ヒジ靭帯損傷から完全復活を印象付けている。

 その誠は「去年一度は68キロまで落ちた体重が80キロに増えて(ストレートの)球速も148キロにアップしたっす。ファウルを狙ってとれるようになったし、なにより(平均球速が)145キロを下回らないようになって変化球が生きるようになってきた」と現在の手応えを語った。

 かつて潮崎二軍監督が「とにかく食が細くてカレーライス1杯を30分ぐらいかけて食べる」と語っていた食生活が激変。現在は「めっちゃ食べるようになった。1日だいたい6食。朝昼晩3食の間に菓子パンやプロテインの間食を挟んでウエートトレーニング。夜は夜食を食べに近くのラーメン店に通っています。ラーメンは食べないんですけど、そこの肉メシがうまいので必ず2杯食べて帰ってきます。そのかいあって体はだいぶ太くなりました」(誠)とひと回りたくましくなった腕や胸板をさすった。

 前回14日の巨人戦(本庄)から一軍昇格に備え、中継ぎ調整に入った誠は「中継ぎに転向しました。調整や間の取り方が先発と全然違って分からない。でも、ここで結果を出して今年は一軍に定着しないと」と5年目の決意を新たにしている。

最終更新:5/19(金) 7:36
東スポWeb