ここから本文です

【インディ500】アロンソ4位、佐藤琢磨9位、ホンダ勢トップ4独占/4日目

5/19(金) 7:59配信

TopNews

日本時間19日(金)(現地18日木曜日)、『第101回インディアナポリス500(インディ500)』のプラクティス4日目が行われ、トップ4台はホンダ勢が占め、その内3台がアンドレッティ・オートスポーツ勢だった。

●【インディ500動画】アロンソの車載映像、トラフィックの中をオーバーテイク

フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ/29号車)は、96周を走行して225.619mphで4位、佐藤琢磨は99周を走行して224.771mphを記録して9位で終えている。

先に公開されていたオンボード映像では、トラフィックの中での走行や、オーバーテイクを精力的に練習する映像が確認できており、ベストスピードも徐々に上げてきている。

■第101回インディ500 プラクティス4
順位 ベストスピードmph ドライバー(チーム/エンジン/車番)
1 226.744 ジェイ・ハワード(シュミット・ピーターソン/ホンダ/77)
2 225.826 ライアン・ハンターレイ(アンドレッティ・オートスポーツ/ホンダ/28)
3 225.709 マルコ・アンドレッティ(アンドレッティ・オートスポーツ/ホンダ/27)
4 225.619 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ・オートスポーツ/29)
5 225.455 ジョセフ・ニューガーデン(ペンスキー/シボレー/2)
-----
9 224.771 佐藤琢磨(アンドレッティ・オートスポーツ/26)
10 224.725 セバスチャン・ブルデー(デイル・コイン/ホンダ/18)
13 224.503 アレキサンダー・ロッシ(アンドレッティ・ハータ・オートスポーツ/98)
14 224.471 ファン・パブロ・モントーヤ(ペンスキー/シボレー/22)
21 223.783 マックス・チルトン(チップ・ガナッシ/ホンダ/8)

最終更新:5/19(金) 8:52
TopNews