ここから本文です

訪日客、最速で1000万人突破 韓国56%増

SankeiBiz 5/20(土) 8:15配信

 観光庁の田村明比古長官は19日、2017年の訪日外国人旅行者数(推計値)が13日までの累計で1000万人を突破したことを明らかにした。5月までに達成したのは初めてで、前年の6月5日よりも3週間以上早く達成した。航空路線などの拡充などにより、アジア地域の高い伸びに加えて欧州からの増加も押し上げに寄与した。

 また日本政府観光局が同日発表した4月の訪日客数は前年同月比23.9%増の257万8900人で、単月として過去最高を記録。昨年は3月だったイースター休暇が4月にずれ込んだことに加えて、大型クルーズ船の寄港数や航空路線の増加も追い風になった。

 国・地域別では韓国が56.8%増の55万4600人と最多で、中国が2.7%増の52万8800人と続いた。田村長官は「中国人の個人旅行が増えており、(団体から個人への)旅行形態の変化への対応が必要だ」としている。

最終更新:5/20(土) 8:15

SankeiBiz