ここから本文です

NY繁華街で車暴走、1人死亡=元軍人逮捕、一時「テロ」身構え

時事通信 5/19(金) 1:15配信

 【ニューヨーク時事】米ニューヨーク中心部の繁華街タイムズスクエアで18日正午(日本時間19日午前1時)ごろ、車が歩道に突っ込んで約250メートルにわたり暴走、歩行者を次々にはねた。

猛スピードで歩行者なぎ倒す=白昼の繁華街に悲鳴-NY

 警察によると、1人が死亡し、22人が負傷。現場で車を運転していた男が逮捕された。警察は「テロとの関連を示すものはない」との見方を示した。

 男はニューヨーク在住の元海軍兵リチャード・ロハス容疑者(26)で、過去にアルコールや薬物の摂取後に運転し、二度摘発されたことがある。複数の米メディアは、男が当時、吸引した何らかの物質の影響を受けていたと報じた。

 車はタイムズスクエアの南で突然、Uターン。スピードを出して歩道に乗り上げるなどしながら北上し、最後は鉄柱に衝突して止まった。死亡したのは18歳の女性という。

 フランスやドイツ、英国など欧州では昨年から今年にかけ、トラックなどの車両が歩行者に突っ込むテロが頻発。このため、ニューヨークでの車の暴走に緊張が走った。

 タイムズスクエアは年越しイベントで有名な観光名所。在ニューヨーク総領事館は日本人が巻き込まれていないか調べている。 

最終更新:5/19(金) 8:47

時事通信