ここから本文です

<寸借詐欺容疑>1人暮らしの大学生ら狙った 43歳男逮捕

毎日新聞 5/19(金) 7:01配信

 ◇県警神奈川署 店の会員証見せ、借用書渡し信用させる手口

 アパートに1人暮らしの大学生ら若者から、隣人を装って交通費を借りたいとうそを言って現金をだまし取る詐欺事件が昨年9月以降、横浜市神奈川区で9件相次ぎ、神奈川県警神奈川署は17日、うち1件に関与したとして住居不定、無職、重田和彦容疑者(43)を詐欺容疑で逮捕した。調べに容疑を認め「学生が住んでいそうな大学近くのアパートを狙った。東京都や千葉、埼玉両県でもやった」と供述している。

 逮捕容疑は昨年10月、区内のアパートに住む20代の無職男性方を訪れ「2階に引っ越してきた者です。盗まれたバイクが見つかって、すぐにタクシーで取りに行かなければならない。交通費を貸してください」とうそをつき、現金3万円をだまし取ったとしている。

 同署によると、9件(うち未遂1件)の被害額は計約61万円。重田容疑者は自分の氏名が記された店の会員証などを見せ、借用書を渡して学生たちを信用させていたとみられる。借用書の氏名などから重田容疑者が浮上し、指名手配していた。同様の手口の被害は都内などでも多数確認されており、同署が重田容疑者の関与を調べる。【中村紬葵】

最終更新:5/19(金) 7:01

毎日新聞