ここから本文です

伊東市長選の期日前投票増も…盛り上がりいまひとつ

伊豆新聞 5/19(金) 15:28配信

 ■投票率50%台前半か

 小野達也候補(54)と佐藤裕候補(56)の新人2人が激しく争う伊東市長選は、15~17の3日間で3629人が期日前投票を行った。同期間が3116人だった前回選(2013年)を513人上回る好調な滑り出しを見せている。一方、市民の盛り上がりはいまひとつで、期日前投票の増加が投票率の向上に結び付かないことも考えられ、投票率の低下を懸念する声が出ている。前回選(55・06%)まで届かず、50%台前半になるのではとの見方もある。

 市選挙管理委員会事務局のまとめによると、期日前投票は15日が581人、16日1425人、17日1623人。前回選を上回る数字に事務局は「期日前投票が定着した」と分析する。昨年7月の参院選から、期日前投票所のうち、富戸、小室の両コミュニティセンターをやめ、買い物などで多くの市民が集まる商業施設「伊東ショッピングプラザ・デュオ」に会場を変更したことも増加の一因とみている。現状で推移すれば、前回選の期日前投票者(8226人)を上回る可能性が高い。

 1978年(55・49%)を除き、市長選は第1回の47年から94年まで、投票率70%以上を維持してきた。だが、直近は98年7月(参院選同日)が60・16%、2002年7月が47・69%(市議補選同時)、05年5月が53・45%(同)、09年5月が64・19%(同)、13年が55・06%にとどまっている。5回のうち4回がダブル選だったにも関わらず、3回も60%を割り込むなど、低下傾向に歯止めがかかっていない。

 市選管事務局によると、当日有権者数は6万1千人程度とされる。投票率が50%で3万500票、55%で3万3550票となり、当選にはそれぞれ1万5300票、1万6800票が必要となる。

 ■きょうの遊説

 【小野達也氏】マックスバリュ伊東広野店前(午前8時~)-初津・穐山商店前(8時35分~)-中里・旧ナガヤ(9時45分~)-桑原・菊間園(10時20分~)-山田会館(10時45分~)-竹町交差点(11時半~)-桜木町・大川酒店前(正午~)-スーパーあおき横(午後1時15分~)-湯の花通り(1時45分~)-キネマ通り(2時15分~)-アピタ交差点(3時半~)-吉田アートクレーン(4時~)-伊東モータース(5時45分~)-小室1丁目(6時半~)※いずれも街頭演説

 【佐藤裕氏】留田海岸(午前8時~、街頭演説)-山田-桑原-阿原田-城宿-八幡-中里-塩木道-初津-伊東マリンタウン(10時半~、街頭演説)-湯川(市街地)-松原(市街地)-キネマ通り商店街(正午~、街頭演説)-秀英予備校前-竹の内-岡-本郷-セブンイレブン伊東桜木町店前(2時半~、街頭演説)-広野-南町-宮川町-桜ケ丘-八代田-城山町-奥野-荻(本町)-吉田新町-伝馬町・四軒町-小室町4丁目・2丁目全域-川奈港全域-新井-玖須美

最終更新:5/19(金) 15:28

伊豆新聞